クレジットカード決済

商品を購入するときの支払い方法には、主に現金払い、クレジットカード払い、電子マネー決済があり、インターネットや通信販売には、代引き支払いや振込などがあります。
今回は、そのクレジットカードについてみてみましょう。


クレジットカードを利用することができる店で、支払いのときにカードを提示すると商品を購入することができます。
商品購入代金はいったんクレジットカード会社がその店への支払いを肩代わりして、後でクレジットカード会社がそのカードを利用した人へ代金を請求するという仕組みになっています。
クレジットカードの利用をするとき、店からクレジットカード会社へ信用照会が行われます。
この照会でクレジットカードの期限が切れていたり、それまでの使用額が限度を超えていたり、支払いが遅れているといった問題が判明するとカードを使用することはできません。


イギリスなど国によってはカードの取扱手数料が加算されてカード利用者へ請求されます。
日本では基本的にカード利用者への請求額は現金払いの場合と同額ですが、これは店が手数料を負担しているためです。


クレジットカードに入会するためには、申込をして審査を受ける必要があります。
審査の基準は、クレジットカードの種類や会社によって異なりますが、主に信用情報が重要になります。
信用情報審査会社があり、そこへクレジット会社が信用情報を問い合わせして基準を満たしていればクレジットカードを取得することができます。
しかし、過去の返済状況が悪いなどがあるとクレジットカードの取得は困難となるでしょう。

Copyright © 2014 クレジットカードとは All Rights Reserved.